CASE STUDY導入事例

HOME > 導入事例 > 医療 > プライベートクラウド型 医療情報システム基盤の構築

CATEGORYカテゴリ

DETAILS

プライベートクラウド型 医療情報システム基盤の構築

ソリューション

今回構築したシステムは、事業継続計画(BCP)を主軸に災害などのリスクを低減し事業の継続性を

重視したソリューションです。

医療情報システムである電子カルテ/オーダーシステムと業務クライアントをICCデーターセンター内に

プライベートクラウド型仮想基盤で構築。

病院とデータセンター間は、100Mbpsの光専用線(冗長化)で接続しています。

データセンターにシステムを構築することで、災害などのリスク低減と管理面での集中化を実現しています。

また、仮想化基盤を活用することで、冗長性が向上しシステム停止リスクの低減も実現しています。

病院とデータセンター間はコスト面で100Mbpsの低速回線を選定していますが、病院からの接続は

低速回線でも運用が可能な仮想デスクトップ技術を採用し低速回線でも利用可能なインフラを構築しています。

なお、データセンター及び病院の仮想基盤、ネットワークは、弊社が構築、運用、監視、保守を担い、24時間

365日体制で障害の早期検知および迅速な保守対応を実現しています。

 

主な製品

サーバ仮想化ソフト:VMware vSphere

クライアント仮想化ソフト:VMware Horizon

サーバ機器:NECサーバ

ネットワーク機器:NEC UNIVERGE QXシリーズ

 

システム概要図

ページTOP